小説レビュー その他もろもろとか。

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:629ページ
ナイス数:121ナイス

Nのために (双葉文庫)Nのために (双葉文庫)感想
確かめることのない無償の情愛を静かに棚引かせる物語。狂おしいほどのすれ違いは背負ってきた過去の重さに比例するのだろうか・・・それぞれが心の奥底にひた隠す愛の証拠が読む者を刹那に貶める。希美の愛も、西崎の愛も、それは献身という名の贖罪であろう。自らを投げ出すことで守り抜くものとはかけがえのない人との繋がりであり、仮にそれが歪んだピースの掛け違いであっても黙することでその罪は永遠に昇華されるのだ。人は脆い。それ故生きてゆくのが辛いこともある。それでも前を向けるのは、知る由もない想いがそっと寄り添うからだろう。
読了日:12月31日 著者:湊かなえ


書店ガール 3 (PHP文芸文庫)書店ガール 3 (PHP文芸文庫)感想
働く書店員の群像がちょっぴり痛痒くこそばゆい物語。働く女子・・・愛奈の真っ直ぐな勢いや亜紀が抱えるワーキングマザーとしての在り方、理子が悩む女性管理職としての心境、そして今回のメインテーマでもあろう震災に対する東京人としての思う内面が希望を込めて描かれている。大切な人を失う、土地を奪われるなどの重い経験はなくとも、長蛇の列をなしたガソリンスタンド、品薄のスーパー・コンビニ、なにより街の灯りが消えた蒼い星空は皆の共通の記憶に違いない。いつの日か安心して忘れることができるまで、書店は時代を映し続けてゆくのだ。
読了日:12月23日 著者:碧野圭

読書メーター
関連記事
2015.01.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mityururu.blog136.fc2.com/tb.php/385-3a3f877c