小説レビュー その他もろもろとか。

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:804ページ
ナイス数:101ナイス

魔法使いクラブ (幻冬舎文庫)魔法使いクラブ (幻冬舎文庫)感想
衝撃度が半端ない。魔法で愛犬を救おうとする透明感溢れる10歳、『好き』を現実として受け止める14歳、幻想に終止符を打つことで闇に飲み込まれてゆく17歳・・・『好き』とは簡単に恋愛感情だけでは片付けられない複雑な感情が渦巻くもので、主人公の結仁も『みんなの好きと私の好きは違う』と呟いている。恋心というものは本当は醜く歪んでいて自分の感情を押し付ける邪悪な心だと揶揄する最終章に絶句。大人になる過程は些細な出来事で急激に変化してゆくもので、現実の世界でもしかり、結仁の人生もまた転落を止めることはできないだろう。
読了日:10月23日 著者:青山 七恵
魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)感想
時代は変わるのか変わらないのか。人類は常にこの狭間を逡巡しつつ時間を浪費している。魔王=暗黒面という抽象的な捉え方をすると、犬養(後の首相)を国家の象徴と考えるならば、時代が動く時ファシズムの力はとても魅力的であり恐ろしい。この強力な潮流に異を唱える安藤兄弟が不思議な力を武器に孤独な戦いを挑むという小説だが、当時現実では小泉政権が旋風を巻き起こし何かが変わりつつあった時代、今再び橋下旋風が巻き起こりつつある。時代とは螺旋階段のように同じ景色を繰り返し傍観する無限の時間ではとこの小説から感じられてならない。
読了日:10月19日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター
関連記事
2012.11.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mityururu.blog136.fc2.com/tb.php/357-76e185b2