小説レビュー その他もろもろとか。

現実主義の姉、夢想に明け暮れる弟・・

同じ姉弟なのに何故こうも違うのだろう。

だいたい子供なんて親の生き写しなのだから、だいたいどこかに影を 見つけることが出来る。
そう考えると夢見がちなのは、義理の旦那さんのDNAなのでわ?と思うところ もある。
ワタシ自身は結構冷めた部分も持ち合わせていて、クリスマスプレゼントは普通に親に注文をしていた。
冷静に現実を把握しながら空想することが好きで、納得した非現実的な何かを想像するのが面白いのだ。
 そーゆう現実的認識を持っているのが常識人だ。

ところがどーみても「彼」は天然である。

間違いなく天然の称号を与えても、申し分なくその力を発揮してくれる。
このブログでも「地デジ化」に触れてますが、彼は、

来年の7月には本当にTVが見れなくなる と心配していた。

中学1年生であるが、毎日がこの調子である。

ちなみに去年まで、クリスマスプレゼントをすごく楽しみにしていた。
いや、もしかしたら今年も楽しみにしているのかもしれない。
彼曰く、

「DSのソフトが朝起きたらあったんだ!ママにしか言ってないのにね」

サンタクロースの居場所はちゃんとあったのである。
 ここまで来ると彼の将来は夢の中で、ワタシは彼の面倒など絶対みれないなぁとひたすら傍観するしかなかったことは言うまでもない。



2010.11.29 / Top↑
10月からケータイをiPhoneにして早2ヶ月弱。なかなか直感的に操作が難しいものの、そこそこの操作に慣れた感がある。

ケータイから変わった事といえばWEBを良く見るようになったことくらいか?基本メール中心で電話はほとんど掛けないしでることもない(笑)ゲームにも全く興味がないわけで、音楽も車で聴くためipod機能は使わずJAZZのアルバムが2枚分入っているだけ。

アプリも「ぐるなび」と「天気予報」「乗り換え案内」「QRコード変換」「アドレス帳」くらいだ。
メールを頻繁に使うのでメール機能は充実したものが欲しいんだけど、なかなか思うようなアプリに出会えないのが悩みのタネでもある。

そして使い始めた当初から、

「このアドレスは有効でないかもしれないけど送ってみますか?」

という脅し文句をたびたびiPhoneから浴びせかけられるのだが(笑)何故こうなるのか基準が不明である。
実際送ってみるとメールは届いているのだが、再度同じ人にメールを送ろうとするとまた「このアドレスは有効でない~」と脅される・・・。

この現象について深く理解している方は、是非教えて頂きたいと
切に願っている次第でございますです。
2010.11.25 / Top↑
国際千葉駅伝で、なんと日本学生選抜チームが金メダルであった。

もちろん日本代表チームも走っている・・・そう、日本代表チームの選考に漏れた、選ばれなかった選手達が力を合わせたら日本代表チームに勝ってしまったのである。

途中何度か抜きつ抜かれつの激戦・・・ケニア代表との三つどもえの戦いで、最終区で学生選抜がスパート!そのまま逃げ切る結果となったのだ。

確かに日本代表は、アジア選手権も同時開催だったので「福知選手」などの主力を欠くチームではあったのだがそれでもプロとアマである(言いすぎか?)自動車レースでいう「プライベータ」が「ワークス」に勝つ夢のような話が現実に起こったわけだ。これは興奮する。

これだから駅伝は面白い。早くオリンピックに採用してもらいたいと切に願っている。

※ワークスはいわゆるメーカーのバックアップがあるプロチーム。
※プライベータはメーカーから型落ちしたエンジンを譲り受けてレースに挑む2流チーム。
※野球なら、実業団とプロ野球みたいな感じでしょうか。
国際千葉駅伝2010 なんと学生選抜が優勝!
2010.11.24 / Top↑