小説レビュー その他もろもろとか。

臓器移植問題について最近考えていた。それは真面目でもあり不純な動機でもあるんだけど、真剣に考えていることに変わりないんだから。うん。

臓器移植意思表示カードというのがあって、ワタシはもう随分前から持ってる。今は少し進化して健康保険カードに付属してたりもする。何か書くところあるよね。

それでもこのカードの認知度は約8%と統計が示しており、その8%のうち約6割の人しか実際には記入していないとの統計結果もある。つまりは100人に5人くらいしか知らないって事!?
で、知らない人は

「臓器を絶対提供しなくちゃいけないの?」

って雰囲気満々な感じを受けるかもしれない。でも

「提供しない」

っていう項目もちゃんとあるのでそこは自分で決められる。「提供しない」それもまた勇気だとワタシは思う。

(社)日本臓器移植ネットワーク

臓器提供意思表示カード 



本日「心霊探偵八雲6㊤㊦」を購入しまして、TSUTAYAの友達曰く

「結構重いよ、今回は脳死移植問題だからね」

と言われ

「おぉっぴったりだ!」

と読み進めると・・・やっぱり悲しくなりますねー。どうしても主観的に見てしまい「死ぬのは怖い」と怯えるワタシ。

「あなたの娘が助かるために、消えてしまった命がある」

死に直面したとき、本人の意思がやはり最後の後押しとなるだろう。
人間は損得勘定だけで生きているわけではなく、ぜったいに善意が勝ると信じている。だけどその場の感情はとても脆くどう転んでもおかしくない。本人の意思はやはり絶対で、このカードは医療現場においても重要なファクターであると言わざるを得ないだろう。

18才とか、19才とか、あるいは成人式を迎えるとか、そんな機会でよいと思う。真剣に自分の死について考え、家族と話してみるのは大人になるための責任じゃないかな。もはやこのカードは自分のエンディングカードであり、遺書でもある・・とワタシは真面目に思っている。

あれ?全然本の内容に触れてないけど(笑)そこは重い内容なんだと心の準備ができたところで、いつもの人たちがいつものように暴れまくる展開(でも今回は結構特別かなー)だんだん八雲のまわりがハッキリしてくるという節目の内容かな。
心霊探偵八雲6 失意の果てに㊤㊦
心霊探偵八雲6 ㊤ 心霊探偵八雲6 ㊦
2010.09.29 / Top↑
文庫になるまで待ってたいやらしい感じだけど(笑)文庫で1冊740円では高いっしょ。上下巻で普通のハードカバーだ。
で、最近若手の中でもだいぶメジャーな辻村さん。メジャーになったお陰で好き嫌いが二分する書評がAmazonなんかに随分乗っていた。

「スロウハイツの神様」の時にも作者自身が触れてたけど、世代を限定した面白さを自覚しているということじゃないかな。読者が大人になってしまったら面白くない。作者の年齢もあると思うけど、少なくとも高齢者には分らない感覚であり結構狭いターゲットで勝負しているところは否めない。

下馬評はともかくワタシは星4つかな。
登場人物のキャラ立ちはよくできているし、SFチックであるところも、若者の熱い想いや行動力も惹きつけられるしね。

本作に関しては、やはり辻村作品(メジャースプーン・その他)などを知っていると「ウフッ」な感じが倍増するんだけど、知らないと逆に「??」の部分もあり(特にラスト)この辺りも作者の思い切った読者を選ぶ割り切り方が見え隠れしているようにも感じ、評価の分かれ目だろうと思う。

今回の話は、タイムスリップした高校生の主人公が、3ヵ月後に起こる同じ高校生の自殺を食い止めるために奔走する・・でもそれが名前すら思い出せないという内容・・・いやいや面白いでしょ。

休憩を挟み7時間一気読みなのであった(笑)

関係ないけど(関係あると思うけど)文中に出てくる場所が夏ごろ紹介した

「忍野八海」↓
どうやって撮ったかの答え
だと思うんだけどどうかな?
底知れぬ深い沼のイメージや、文中にでてくる所々の描写が酷似してるんだよねー。

気になった人は読んでみてね。
名前探しの放課後㊤㊦
名前探しの放課後㊤ 名前探しの放課後㊦

2010.09.22 / Top↑
雨が降り、玄関にある「ガリレオ式温度計」の錘が3個も浮上する涼しさに秋を感じるなー。
ガリレオ式温度計・・・わからない人はすぐ調べる!(先生風)
この時期に来る友人の誕生日で、いつも秋を感じることになるんだけど今朝は涼しかった。あぁ寝た寝た。

で、昨日購入した「宣伝会議」という雑誌を読みながら、最近ハマっている「言葉の魅力」についてヒトコト・・

キャッチコピー・・・
そうまだハマってる。たった一行数文字でその企業イメージを表現したり、製品、商品の良さをを伝えるこの「言葉」が気になるのだ。
日本人なので、遠まわしな表現(間接的な?)だったり、絶妙なレトリックとかそういうのに魅力を感じている。

「結婚しよう」

というプロポーズよりも、

「毎朝味噌汁をつくってくれないか」

とゆーほうが味わいがあり日本人的でしょ。
俳句とか川柳とかおじいちゃんの楽しみだと思ってたけど、共通する言葉の表現なので、

「あぁ自分も年取ったのかな」

って思いますね(笑)

自分の芸術的センスは世の中で通用するのか?と思い、言葉系SNS(広告会議室)というサイトで遊んでいますが、ちょっとした刺激になったりして。
こっそり懸賞なんかにも応募しちゃおうかと怖いもの知らずな素人ですが、そんなことより自分の店の心配をしたほうが賢明だろう?!
広告会議室【コトバ系SNS】
応募予定の宣伝会議賞はこちら↓
第48回宣伝会議賞-日本最大規模の公募広告賞
ガリレオ温度計について
ガリレオ式温度計
2010.09.16 / Top↑