小説レビュー その他もろもろとか。

引越し当日である。

まぁこれから寝て、起きたら引越しである。
現在のアパートには1けっこう長く住んでいて結構感慨深いものがある。
以前引っ越した時も空になった部屋を見て感傷的になったりしたもんだが、今回のほうがより気持ちが入っているようだ。

まー新居は新居で、誰もまだいない部屋で一人感動して高揚した気持ちになったけど、5ヶ月に及ぶ物件探しから購入引越しに至るまで、何か人生の節目を感じている。
明日引越し後の風呂に入った瞬間もはや「抜け殻」になっているのであろう・・・高い買い物であった。

これから家を買おうと思ってる人は、どーぞワタシになんなりと質問して欲しい。
今なら家購入について膨大な知識満載で、物件探しから、購入の秘訣、不動産やその他においての交渉術など経験したばっかりで、すぐ活かせる情報ばかりなのだ。

そーはいっても早く明日が終わって楽になりたいのが正直な気持ちで、燃え尽き症候群がちょっと怖いのである。
2010.03.30 / Top↑
ただいまリフォーム中なのだ。

せっかく買ったんだからとちょっとこだわって見たりして・・・
畳を今流行の「琉球畳」にしてみたよ。

「琉球畳」→買ったやつは偽ものなんだけど、正方形の縁なしの畳でこの畳を市松模様になるように畳の目を互い違いに組み合わせて敷いていくのが雑誌でみて格好よかったのだ。
さらに表札をガラス細工でオリジナルのものを作ってもらったりもした。
リビングの照明を扇風機付きに付け替え、天井に備え付けにできる物干し竿(パナソニックホシ姫サマ)を付けてみたり。けっこうやってしまった。(笑)

琉球畳(イメージ) ガラス表札(イメージ) シーリングファン付き照明(イメージ)
ホシ姫サマ(動画)

まぁ今が一番楽しみな時間なんだろーな。

今回の引越しにあたり、いよいよインターネット環境も変更。フレッツ光になるのだ。
新たにブロバイダ契約をしたり光回線に変更したりという工事が続くので次回更新は4月以降になる予定。

余裕ができたら本の紹介も復活するのでお楽しみに!(楽しみじゃないか?)
2010.03.23 / Top↑
早いもので卒業シーズン・・アルバイトメンバーがまた卒業していく。

長く働くメンバーは4年くらい(大学生活すべて!)同じ時間を共に過ごす。
卒業していくメンバーの人生1/4くらい、多感であり今後の人生を左右する大切な時期を、仕事を通じて協力してきたのだ。 少なからず彼ら彼女らには影響を与えると思っている。

サンマルクの仕事は一般的ファミリーレストランに比べて難しい。
自分自身も個人レストラン→大手ファミリーレストラン→リゾートホテルなど、そこそこの飲食業を渡り歩いて今に至るけど、サンマルクという業態は大変な部類に入るだろう。

コース料理のチェーン展開化は不可能と言われた作業をシステム化して、アルバイトができるように合理化されている事自体が奇跡的なのに、顧客たるお客様の要望が極めて高く、肉体的、精神的に常に追い込まれた状況下で働かされるアルバイトは逞しくなる道しか用意されていない。

すでに卒業して社会人となったメンバーは、社会に出てみてサンマルクで働いていた事を懐かしく思うとともに精神的な支柱として役に立っている事に気付くと思う。
ディナータイムにおける予約のピークは発狂寸前になるくらい精神的に追い詰められ、そんな中笑顔で働かなくてはならないことを強要される。・・・こんな辛い出来事、働き始めても一部の職業を除けばあまりないだろう。

共に助け合うメンバーがいてこそサンマルクで働き続けられたわけで、就職してからも自然に同僚、上司との信頼関係を築き上手くやっているのではないか?その術をここで学んでいるはずだからだ。

社会に出るまでのモラトリアムではあるけれど、出会ったメンバーには何かを掴んで社会に巣立って欲しい。そう思って、常日頃考えアドバイスを心がけているつもりなのだ。


何か真面目すぎたかな(笑)
2010.03.15 / Top↑