小説レビュー その他もろもろとか。

昨晩のじゃずまるく「辺見優司ピアノトリオ」での一幕・・・

その日1本の予約の電話があって「JAZZを子供が見てもよいか?」という内容・・・
もちろんOKということでご来店決定。折角の予約だし断る理由がない!
まぁさすがに子供がいたら23時最後まで観るのは無理かなと・・・
(※昨日はディナーショーで、今日のライブは集客が難しいな?と内心思っていた)
でも、少しでも来て頂きたい気持ちのゴリ押しで、こっちも必死なわけなのである(笑)

さて、いよいよLIVEの時間になりまして・・・
予約のお客様が来ると、お父さんとお母さん、そして子供は本当に子供!幼稚園児か小1か?くらいのお子様でびっくり!
それでも演奏が始まるとだいぶノリノリで一安心・・ただでさえ飽きちゃう子供が多い中、生で見るバンドの演奏が大変興味深かったようで本当よかった。

で、ここからが本題・・1ステージ終わって休憩中、なんとその親子がサインをもらいに楽屋にやってきたのである。
ピアニストの辺見さんもこれにはびっくり!快くサインをして、メンバー全員のサインもして、そりゃもうお子様も大満足!

ピアニストの辺見さん曰く

「こういう子供がいつかピアニストになって代々JAZZが受け継がれていくんです・・嬉しいなぁ・・いや、嬉しいなぁ!」

と、2ステージ目の演奏は力がみなぎり、更にすばらしい演奏だったことは言うまでもない。

辺見優司Y'sPIANO TRIO LIVE 
 
このサンマルク指扇店を、JAZZの発信地にしたいという願いで始めた企画なので、それは大変喜ばしい出来事であり、今後も頑張って続けていこうと、固く心に誓った夜なのであった。

ちょっと真面目な話過ぎましたかね?
辺見優司公式ホームページ

2008.11.27 / Top↑
11月の第三木曜日に、今年取れた葡萄で作ったワインを出荷しようと誰かさんが決めて、
まぁそれが世界基準まで成り上がった。それにあやかってみんなこのワインを飲むわけだけど、悲しいかな日本人が一番乗っかっちゃうんですねぇ・・新しもん好きなのでネ(笑)

本場フランスに負けないくらい日本の消費量も多いと聞いたことがありますよ・・流行に弱いのは日本人の性なんですかねー。このワイン・・確かに飲みやすい!ワイン通に言わせると微妙なのかも知れませんケド・・
何せ熟成期間がないのであっさりしてる感じかな。

「女性にお勧め」

とは世の評価だけど、まぁ普通なコメントで酔いを醒ましておきましょうー・・ん?もう飲んでる?

ちなみにサンマルクのボジョレーヌーボー(本当はボージョレィとか言うらしいが)は最高ランクの「AOC」(フランス当局がつけてるから他の国は知らないよ・・また違うと思う)が付いているので安心安全っていうかまぁ良いものって事で

\(^_^ ) ドモ!

\(^_^)/ ドモ!

( ^_^)/ ドモドモ!


大量に販売計画中!

ちょっと高いと思う・・
いや・・だいぶ高いが、そんじょそこらのコンビニワインとはラベルを見れば違いがわかる(AOCと記載)ので、じゃんじゃん買ってグイグイ飲んで頂きたい!

・・もちろんサンマルクででしょう。という結局販売促進売り込み大作戦なるお粗末なお話。トホホ

最初からこんなんでいーのかな?
2008.11.20 / Top↑