小説レビュー その他もろもろとか。

『美味しんぼ』が話題になって、世の中風評だかなんだか騒がしい。
当時と今と多少の温度差はあれど、ブレない自分の気持ちの確認のため記録に残す。

『美味しんぼ』の内容はよくわからない。
原本(スピリッツ)も読んでなく、web上にでてくる断片的なところしかわからないんだけれど
『体がだるい、倦怠感』『鼻血がでる』などの描写が鮮烈で、福島県の復興を妨げるいわゆる
風評を助長するものではないか?というのが世間一般的なところだと思われる。一般人として
そんな情報を耳にするし出回ってるようだからね。

それに対して『それは風評被害だ』とか『漫画の影響力が分からないのか』とか
『ちゃんと取材したのか?』とか『医学的に証明されてないものを決めつけるな』など
そりゃすごい意見が飛び交っている。まあ擁護派もいるようではあるけれど。

5月19日現在で『美味しんぼ』の掲載は休載になり、あとは編集部の対応が問われるところ
だろうが、ただ、自分の意見・考え方としては海原雄山寄りで間違いない。
『今の福島に住むべきでない』は極端だけど、快く住めないのは事実だと思うから。

放射線とか放射能がどれくらいの影響があるかどうかなんてどうでもよくて、
それはあるかもしれないしないかもしれない。
だって医学的根拠は今のところはないってことのようだから。

ただ疑惑は残る。

絶対ないと言われても疑惑は残る。この後もずっと100年以上続くんじゃないかな?

海原雄山も『偽善は言えない、真実を・・・』とあるけれど、
人々の心の奥底に、

よくわからないけど、なんかあったらやだな


て気持ちは絶対ある。厳しい意見かもしれないけど絶対ある。

これは原発が一概に悪いとも言えないし、東京電力ばかりを責められないとも思う。
国に補償しろだのなんだのもまーしょうがないのかな。あの地震は予想できないのは
明らかだし、その心の拠り所を何かにぶつけたいのは人として必要な事であるとも思うし。

問題は、人の心は止められないってこと。

厳しく言えば、福島県の該当地区・・・もっと言えば福島県全土は放射能に侵された汚れた土地であるということ。
もちろん医学的根拠とか科学的でもなんでもない。けれどそう思われちゃってることに
歯止めはかからない。心の奥底で感じちゃってる・・・つまり風評よりかレッテルだね。
心の清い人ならば、
『そんなことない!私は福島産のお米や野菜をすすんで買ったりして復興を心より願ってる』
とかなんだろうけど、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて原発ツアーに参加したり、離乳食として
福島産のホウレンソウをすりつぶして食べさせるだろうか?
何も気にせず食べさせてますというお母さんは少ないと思う。自分なら嫌だ。

もちろん福島県がだめになればいいとは思わないし、できることならなんとか盛り返したらなとも思っている。

何が言いたいかというと、風評被害(美味しんぼがそうだとは言い切れないが)も含めて福島県民はもっと自覚すべきだと思っている。残念ながら福島のイメージはマイナスだ。

もう何をするのでも放射能イメージがついて回るのだ。

福島県は今後他の県の何倍も努力しなければならない。

『美味しんぼ』に関しては、作家生命を賭してまで描かなければという責任感が感じられる。
社会への影響力も十分考えての掲載だったであろうそれは評価できるし、それによりこうやって考える機会を与えてもらった素晴らしい漫画と思う。
ただ、これに影響を受けて福島やだなという根拠の薄い嫌悪感を抱く人もいるだろうし、原発反対とか放射能どうにかしろだの妙な団体も活気づくかもしれない。
それも含めて福島県は対応を迫られるわけで、そんなことにいちいち正々堂々と振る舞っていては復興などいつになるかわからない。まあ嘘つくわけにもいかないけど。

【解決策】

絶対実現しないとは思うけど、お金うんぬんは抜きに考えて福島県は小さくすべきだと思う。
原発50キロ圏内は国が買い取りして関係者以外立ち入り禁止にしたらいい。
みんな土地を捨てる覚悟をすべき。また戻るなんて考えちゃいけないんだ。





おわりに

広島や長崎だって原爆落とされて放射能に汚染された土地だけど、今は立派になっている。
原爆ドームなんてその中心地、福島で例えれば原発1号機~4号機であって、いつの日か観光地に
なるかもしれない。


人の想像できる未来は、いつか現実になるのだから。









2014.05.19 / Top↑
ワタシが毎日チェックしている
名取市閖上(ゆりあげ)復興支援のブログ
で、6/2「誰の町?」というタイトルでUPされた記事に気付かされた。

ブログによると、海岸沿い津波被害のあった地域の瓦礫撤去は着々と進んでいて、町の様相はだいぶ様変わりしたと記載されている。ブログを発信されている荒川さんの自宅も今は撤去され、その地域は更地として整備され始めているようだ。
写真も数点UPされているが、凄惨な写真ではなくもう何もない地面と空の二色だけの画像が並んでいる。
関東のTVでは被災地の人たちが、飲食店を再開させたとか、工場を稼動させたとか、目に付いた希望が湧いてくるニュースを多く報道する。
でも実際は、仮設住宅に移り住んだり、未だ学校の体育館で生活したり、自宅を奪われた人たちは限りなく存在する。その人たちの希望がなかなか見えてこないのだ。

更地を通る道路は、注意していないと曲がる道さえ間違えてしまうほど何もないという。
そして更地になってしまった土地に地元民の姿はほとんど見えないという。崩壊した家屋に絶望し、それでも瓦礫の中から思い出の品を数点発見して持ち帰り、そして涙を呑んで撤去を見守り・・・何もなくなってしまったら、その土地に出向く理由がないのだろう。すべての瓦礫撤去が完了するまで更地は誰もいない土地になる。

ワタシは軽く思っていた。瓦礫を撤去して、更地になって、街づくりが急ピッチで進む・・・などと思っていた。
被災者、家族を失い、家も財産も失い、何もないところから作りだすというのは大変なことかも知れない。
虚無に心揺らす荒川さんの言葉にハッとする。

重機の音がこだまする不毛の土地に、住民の姿はない。災害、津波に向き合う街づくりは可能なのだろうか?離れ離れで暮らす元住民は、この土地に戻ってこれるのだろうか?復興なんちゃらとかいう勝手な組織が勝手に街づくりを始めないだろうか?住民不在の街づくりでは誰のための場所なのかわからない。
瓦礫撤去、更地化はゆっくりながらも着実に進んでいる。
自分たちの土地を、街を、その土地で暮らす人々の想いをくみ取る議論を、存分に交わす体制が今問われているのだ。

国民の声がまったく響かない国政を担う方々は、これを些末な事柄だと目を瞑るのだろうか。

2011.06.03 / Top↑
「ホンマでっかTV」でもお馴染みの、武田邦彦先生が綴る原発問題を取り上げたブログが面白い。
本来面白がっていては不謹慎だし、ちゃんと理論に基づいて展開しているものだからワタシも一応ちゃんとみている。ただ先生の持論は結構ごーいんでもあるし、世の中から誹謗中傷浴びてるんじゃないかな?

福島やその近隣の野菜は買ってはいけない。保障する安全基準を唱える国が信用できないからだ!

など、農家の人が見たら卒倒しそうな内容がずらずら掲載されている。

勿論武田先生の研究や計算や、様々な努力をして得られた結果として自信満々に繰り広げられているものであって、決して農業を営む人を批難しているわけではない。ただ、国や地方自治体、今日なんかは生協までも敵に回そうとしているのだ。

先生曰く、

① 野菜の放射線量を検査することがすでに汚染された農作物であると認めている行為であって、それは汚染されている。
② 個別の放射線量が基準一杯であって、足し算の上で安全を保障するものでないことを強く言ってない。
③ そもそも国際基準値の十倍、百倍の数値を突然発表して、その根拠はだれにも分らない=信用できない。
などが大まかなところか。


まー武田先生の記事をみるとあの人を思い出す・・・
競馬ではお馴染みの・・・最近の人は知らないかなー「孤独の◎」として有名な清水成駿さんの見方に似ていると思うのだ。
清水成駿 ウィキ
本来の競馬予想なら、出走馬の調子とか、当日の天候とか、何番ゲートから出走する?とか、レースでの位置取りは?とか、逃げ馬と追い込み馬の適正とか・・・そういうことを調べ上げて勝ち馬予想をするのが王道だと思われる。ところがこの清水成駿さんの予想法は独特で、馬に騎乗する騎手同士の上下関係や、騎手が以前関わっていた厩舎への恩義、出走馬を出す厩舎の狙い(勝たなくても少ない賞金を稼ぐために出走させる)だの、人間心理の裏を巧妙に探るその手法に心打たれたファンは多い。
そーゆう心理的思考に言及するところとかに通じるものが感じられ、それが武田先生の巧さでもあるように思える。

世の中のある一部のマニアには、武田先生の数値的情報にも確固とした根拠がないと指摘する人もいる。まー少し宗教的な自己陶酔気味の武田先生なので、これは!と思う理論も自分で少し検証してから咀嚼しなければと思うのだが、何せ独特の思考展開が面白く興味を抱かせ「うまいなーこの人」と全く違うところで感心したりしている。

本気で読むと、野菜が買えなくなったり、水が飲めなくなったり、海外脱出したくなりますが(笑)ひとつの情報として、考え方として非常に参考になります。

TVとはイメージが違う別人のよーですね。

武田邦彦教授

武田邦彦(中部大学)原発関連の電子書籍
2011.05.24 / Top↑