小説レビュー その他もろもろとか。

軽快な電子音が流れ、ドアが勢いよく閉まった。まとわりつく蒸し暑さが、降り注ぐ冷気によって嘘のように取り払われてゆく。

埼京線の車内。

吊り革に身を任せながら、鈍色の空を伺う。もう陽は暮れているがまだ完全な夜ではない。誰に聞いたか忘れたが、陽が暮れてから闇に取り込まれて行くまでの僅かな時間帯を"マジックアワー"と云うそうだ。ただ、今日のそれは別段美しいというわけではなく、どちらかといえば仄暗いビルの影とグレーが混ざった色のない世界という印象。薄闇はびゅうびゅうと窓の外を流れて行く。

赤羽駅を発車すると、電車は轟音を伴い奈落へと疾走する。トンネルがあるのだ。
瞬間、窓ガラスはモノトーンの鏡にすり替わる。直前まで存在した墨絵のような景色は、一転して伏目がちな私と乗客を映しだした。180度に拡がる鏡。

不意に冷気が首すじを舐めた。
キーンと耳を突く周波数。
斜め後ろに人の気配。
正面の窓ガラスに色のない男が映っていた。

『誰…』

誰も気付いていない。
窓ガラスに映し出されたその男は軍服姿…そしてその手には、銃剣が握りしめられているというのに。

電車の轟音が耳元で響き渡り、脳をチカチカさせる。

周囲の乗客には見えてない?軍服姿の男は明らかに異質であり不自然なはずなのに、俯いたまま誰もスマホの画面から目を逸らすことがない。

その男に表情はなく、鮫のような瞬きをしない冷たい黒眼だけが浮きあがってみえる。
人は本当の恐怖に直面したとき、息を止め、身体の動きまでも停止するのだろう。息を殺した私のこめかみに、じんわりと冷たい汗だけが滲む。

気配が背後に忍び寄った。
そして窓ガラスと目が合う。

男は、ゆっくりと、そうして大きく銃剣を振りかざした。

声が、出ない。







振り下ろす

目を瞑った刹那、風を切る音とトンネルを抜けた音が重なり合い、いつの間にか電車は荒川に差し掛かっていた。
窓ガラスは、漆黒の大河と明滅する鉄塔の灯りだけを映し出している。

男はいない。
2013.09.29 / Top↑
○○○ない□□□はない

っていう広告会議室・コピー2.0のお題だ。

先日、雨がざーざー降った日に「止まない雨はない」という渋いフレーズを思い出し、これだ!と思いついたのは 「噛まない飴はない」というダジャレ。
でも、思いついたとき実は鮮明なCM的画像が目蓋に浮かんでいたのです。





外は激しい雨
古びたアパート2Fの玄関先で、男と女のシーン
女はすでに後向き、男は玄関に棒立ち状態
女は斜め後ろの床に向かってキャンディーを叩きつける

「おい!まてよ!」

そう云った男を振り切り、女は顔も見ずに玄関を飛び出していく
階段を駆け下り、通りを走る後姿のシーン(手には赤い傘を握り締めたまま)
続けて床に散らばるキャンディーのシーン(CM商品)
呆然と立ち尽くしたまま見送る男は、やがて崩れるように床に腰を落とし、こめかみに掌を被せてそっと涙を拭う

~激しい雨の映像数パターン~

まどろむ男に陽の光が差し込み、早朝を思わせるシーン
男は床からキャンディーを拾い上げ、そっと口に入れる
そのまま窓を開け、ベランダに出る男
雲の切れ間から朝日が男の顔を照らすシーン・・・雨はあがっている
眩しそうに空を見上げ、目を細めてキャンディーをかじる

「ガリッ」(男の口元UP)

男の後姿から、前方ベランダ下の道路にゆっくりピントを合わせると赤い傘をさした人影がゆっくり近づいてくるというシーン
今度は道路から、男の照れて苦みばしった表情を遠めに映すシーン

ナレーション:「噛まない飴はない」

女が傘をあげると、そこにはオカマちゃんの満面の笑み・・・遠めにはやっぱり苦々しい男の表情

ナレーション:「苦みばしった男のキャンディー○○キャンディー新発売!」






つまんないコピーに無駄に妄想を巡らせて何してるんだろ。




2011.06.10 / Top↑
このところ、お父さんは何だかウキウキしているみたいだ。
最近・・・本当たまにだけど早く帰ってくることがある。僕の話を聞いてくれるときもある。でも相変わらず仕事は忙しいみたいだ。だからあんまり期待していない。いつも期待なんてしていない。でもこのまま僕の誕生日になればいいのになって、ちょっとだけ思っている。あともう少しなんだ。




お父さんの仕事は忙しいんだって。お母さんに聞くといつも同じ答えが返ってくる。
何でもみんなをまとめる仕事らしくて、休みの日だって会社に行く事があるくらいだ。だけど僕にはよくわからない。せっかくの休みなのに、どうして働かなくちゃいけないんだろう。だって友達のタケシくん家はいつも夕方にお父さんが帰ってくるし、日曜日は家族で遊びに行くこともあるって。
去年の僕の誕生日は土曜日だったのに、その日もお父さんはやっぱり遅くに帰ってきたんだ。

「おかえりなさい・・・お父さん。また今日も残業だったね。」

お父さんを困らせようと思った訳じゃないけど、つい言ってしまった。
お父さんは困っていた。「あぁ・・・」と言いながら頭を少しだけ掻いた。
お父さんが困っている時は必ず頭を掻くから僕にはすぐにわかるんだ。

プレゼントは前から欲しかったDSだった。
お父さんは僕の欲しいものは何だってわかっている。お母さんに言っておけば大丈夫なんだ。だけどお父さんに直接お願いしたことは今まで一度だってない。だってお父さんとはなかなか話ができないから。お父さんの仕事はいつも忙しいんだ。仕方ないよね。

だいたいお父さんは、僕が寝る頃に玄関のチャイムを鳴らす。そうして一人でご飯をレンジで温めて食べるんだ。この間なんかお母さんも先に寝てしまって家は真っ暗・・・お父さんが一人台所でご飯を食べているのを、夜中トイレに起きたときに見つけちゃったんだ。
でもお父さんは次の日の朝、僕が学校に行く前にもう会社に出勤していた。本当に仕事が大変なんだ。


そういえば、この間友だちのタケシくんが自慢話をしていた。
誕生日に豪華なレストランでお祝いしたんだって。
タケシくんは初めて行ったんだけど、ピアノで誕生日の曲を弾いてくれたり、焼き立てのパンをやさしいお姉さんが配ってくれたりするんだって。焼き立てのパンは、すごく熱くてタケシくんは落としそうになったって言ってた。あと、働いてる人が「おめでとう」と言ってバースデーカードのプレゼントを渡してくたり、タケシくんの席に準備してあった赤いロウソクに灯を点けて拍手してもらったりしたって・・・どこかわからないけど、森の中のレストランだって言っていた。

もうすぐ僕の誕生日。
今年は火曜日だから無理なのはわかってる。お父さんの仕事は忙しいんだ。
期待なんてしないよ。期待なんて全然していないんだ。

ベーカリーレストラン


お父さんは何でもわかっているから大丈夫だよ
大切な日に、
大切な時間を。
心のふれあいをそっとお手伝いします。
ベーカリーレストラン サンマルク


2011.04.04 / Top↑